前へ
次へ

サイズが決め手のファッション通販

本当におしゃれな人はファッション通販は使わない、などと言いますが、やはりどうしても通販を使いたいときもあります。ファッション通販の難しいところはどうしても試着ができないため、いざ着たらイメージと違ったり着心地がしっくりこなかったりするところでしょう。それを出来る限り防ぐには、やはりサイズをきちんと測ることです。服のサイズを測るというとウエストやバストをメインに考えてしまいますが、それにプラスして着丈や袖丈をきちんと測っておくと無難です。最近の衣類は、手足の長くなった日本人に合わせて袖丈も長めに作ってあります。しかし七分丈や半袖などは自分のサイズより長いと着た時に野暮ったくなりがちです。またボトムなどは丈がかなり重要です。それから、アイテムによってはふくらはぎや太もものサイズも記載されていますので、素材などを考え合わせることにより、自分が着た時にどんなシルエットになるかを予測することも可能です。特に太めの人は、ふくらはぎのサイズがきついと太って見えがちです。届いて着てみたら太って見えたのでそれきり着ていないアイテムというのは誰しもあるのではないでしょうか。ただ、ストレッチ素材だとシルエットの予測がつきにくいので、通販では避けた方がいいでしょう。そういった難しいアイテムを通販で買いたい場合、以前実店舗で試着して買ったことのあるものをリピート買いするのがオススメです。通販で買うのにいいアイテムは、サイズを測ることで着た時のシルエットを予測できるTシャツやワンピースなどでしょう。あとはあまりシルエットを意識しなくてもよい靴下やタイツも通販で買い足す人が多いのではないでしょうか。あとはスゥエットやパーカーのような、生地が厚めで防寒の役割が強いような衣類も通販では買いやすいかもしれません。他には、Tシャツはどこのメーカーのどのサイズ、と記録しておくと、急に通販で買い足したいときなどに便利です。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren12set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top